看護師 残業代

看護師の残業代はどれほどなのか?

看護師の残業代はどれほどなのか?

看護師の仕事は時には、急な対応を求められることが多い仕事です。人の命を預かっており、急患の受け入れなどで定時に帰れないことも多く起こってきます。そのためか、最近疲れがとれないという看護師の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

看護師は一日3時間の残業をしている?

 

ある調査では、交代制勤務者の20%以上が月30時間以上の残業をしているという結果がでています。中には「過労死危険レベル」といわれている月60時間超の残業を行っている事例もあります。単純に計算すると1日当たり3時間近くの残業をしなくてはいけないことになっているのです。

 

 

 

 

 

看護師の残業代の支払いがされてない?

 

問題は残業時間だけではありません。残業に対して、正当に残業代が支払われない、いわゆる「サービス残業」も多く行われています。残業については、時間外手当として労働基準法で残業代を支払われることが求められています。

 

 

 

 

 

それにもかかわらず、多くの看護師がサービス残業を行わなくてはいけない現状があるのです。残業の主な理由としては、始業時間前に出勤する「前残業」、新入看護師の指導、勉強会の準備、委員会活動、カルテ整理などがあげられています。

 

 

 

 

 

 

職場を選ぶ際にサービス残業についても調べておくべき

 

一般的には若い世代の方が体力があると思われがちですが、新入看護師などは残業の申告を言いだせなくサービス残業で疲労感をためてしまうことも多くあります。

 

 

 

 

 

転職を検討する上では、残業代のことも確認しておく必要があります。サービス残業が行われていない職場を、専門コンサルタントの方と探し出すようにしましょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ