看護師 履歴書

看護師の履歴書はどこまで書く?

看護師の履歴書はどこまで書く?

看護師に成るためには看護系の大学や専門学校に入学して、医療や看護の学習をして国家試験に合格をすれば免許皆伝となるのです。

 

 

 

 

 

そして一般的には看護師となれば、病院や医院や老人介護施設等の中から希望する企業の求人を確認して履歴書を提出する必要があります。

 

 

 

 

履歴書は手書き?パソコンで作成する?

 

そして「手書きが良い」派と「パソコンでも構わない」派があり議論が分かれる所ですがどの様な内容であるのかが重要であり、手書きでもパソコンのソフトウェアを利用して作成して作られていても問題ありません。

 

 

 

 

 

学校を出て国家試験に合格したばかりの看護師であれば、関係性は薄いでしょうが、既に正規の職員やパートタイマーの職員として多くの病院を渡り歩いてきた場合には、履歴書にどこまで書くべきなのでしょうか。

 

 

 

 

 

履歴書にはどこまで書けばいいのか?

 

私達の国では欧米等とは異なり余り沢山の職場を変えていると「採用したとしても直ぐに辞められてしまう可能性が高い」とか「我慢を知らない人物なのかもしれない」等の邪推を生みやすい環境にあります。

 

 

 

 

履歴書は偽りはNGです

 

履歴書には偽りを書くことは出来ませんから事実は事実として簡略化して記しておき、コメントとして「スキルシートを参照の事」とか「職務経歴書を参照の事」一言加えておいて下さい。

 

 

 

 

履歴書に書ききれない場合には

 

スキルシート又は職務経歴書にありのままを記すしかありませんが単純に記すだけでは採用担当者を納得させる事は難しいので、それぞれの職場でどの様な立場・当該の職場でどの様な事を学んだのか、そしてその経験をどの様に今後活かしていくのか等を付け加えると全く印象が変わって来ます。

 

 

 

 

 

履歴書に記載しなくとも良いこともある

 

1ヶ月ほどなどの短期間の仕事などは記載しなくとも良いこともあります。ただその期間何をしたのかを面接等で聞かれることもありますので、そういう場合には正直に伝えることも大切になります。

 

 

 

 

経験はどういうことができるかのアピールになる

 

書類選考を無地に通過して、面接でも聞かれる筈ですが重複しても構いませんので上に挙げた事を強調する事が大切です。

 

 

 

転職活動に自信が持てない・応募書類作成のアドバイスが欲しいという方は、看護師求人サイトを利用して専任のコンサルタントに転職のサポートをしてもらうことがおすすめです。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ