給料 低い 病院

給料の低い病院は?

給料の低い病院は?

看護師が転職をする場合に、病院や施設によっても給与は違います。目先の給与が低くても、長く働くことによって、高収入になる施設もありますし、給与が低いがプライベートを優先できる場合もあります。

 

 

 

給料が低い病院は業績が悪い可能性があります

 

しかし、給与が安い=経営状況が悪いという場合もあります。一番注意しなければならないのは、経営状況が悪いことです。ただ元々給料が低い職場があることも理解をしておきましょう。

 

 

 

元々給料が低い職場がある

 

一般に、給与が低いと言われている施設は、クリニック、介護老人保健施設、訪問介護、保育園、企業と言われています。また、民間よりも公立の病院は、比較的低いとされています。

 

 

 

クリニックはなぜ低い

 

クリニックの場合は、夜勤がない分、低い給料となっています。公立病院の場合は、最初は安いものの、長く勤めると民間より高い給与になります。

 

 

 

 

介護系施設は今は低いが今後は?

 

介護料人保健施設の場合は、まだ、低いという言い方が良いでしょうか?しかし、収入も良い施設もあり、段々に、報酬があがってます。看護師の必要性が高まっていることもあり、これからは良い給料になっていくと推測できます。訪問看護の場合は、病院と比べると少し安いという程度です。

 

 

 

 

訪問看護の場合は?

 

訪問介護をメインにしているステーションよりは、訪問看護メイン方が、看護師の年収は高くなる傾向があります。

 

 

 

 

 

保育園の看護師は

 

保育園の勤める場合には、高収入は望めません。年収で言うと50万〜100万ほど低い給料になっています。

 

 

 

 

 

産業看護師は?

 

企業へ務める看護師と言えば、産業看護師ですが、人気の仕事ではありますが、年収で400万ほどが一般的のようです。場合によって年収500万ということもあるようです。企業へ勤める場合には、一般の社員と同様な条件で働くことになるからです。

 

 

 

 

 

給料の低い給与の傾向について紹介してみましたが、その施設の状況などもあり、一概に当てはまらないこともあります。また、給与だけで、転職の判断はしないほうが良いでしょう。やりがいや、目標、目的を持った転職が好ましいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ