レバレッジについて

レバレッジとは、少ない少ない資金で大きな資金を動かせるということです。FXが人気の一つにレバレッジをを採用しているからかもしれません。株の取引で決められた単位の株を購入するための資金が
FXなら25%の資金で大きな取引ができるのです。

具体的な例

米ドル/円を0.1ロット取引するには、一ドル100円とすると0.1ロット=1万ドルで100万円必要となるのですが、レバレッジを25倍使うと40,000円で取引ができることになります。

*この金額では、値動きした場合に余裕がないですからプラスに対する最低証拠金が必要となります。


最低必要証拠金算出計算式は?

0.1ロット(1万通貨)あたりの必要証拠金=レート×1万通貨×4%


必要証拠金額(取引において最低限必要である資金)とレバレッジについてですが、大体のFX取引会社が一部マイナー通貨を除いて、想定元本(為替レート× 取引数量)×4%で算出されます。

レバレッジは、想定元本÷必要証拠金額で算出されますので、最大25 倍です。レバレッジの算出方法は、想定元本÷必要証拠金額となり、それぞれの値が変動することにより、レバレッジも変動します。


高レバレッジはほんとうに危険なのか?

それでは、何故危険と言われるのかを考えてみましょう。例えば1ドルが100円として、1万通貨の取引をする場合レバレッジがゼロとすると100万円の資金が必要となることは前項でも記載しましたね。
これが25倍のレバレッジだと、何と40,000円で1万通貨のポジションを持つ事ができるというわけです。しかし、25倍のレバレッジだからといって1銭(1pips)の値動きで動く価格は一緒です。

つまり損益も利益もレバレッジがゼロの時と変わらないことになります。


40,000円で1万通貨の取引ができる、ということから5万通貨、10万通貨とロット数を増やしてしまうと、思った方向に動いてくれれば利益は増やしたロット数に応じて得ることができます。

しかし、そう上手く行くことばかりではありません。大ケガをする方が多いと言えるでしょう。人、高いレバレッジで大きな取引を仕掛けてしまいアッという間に大きな損害を被ってしまう。


レバレッジを上げても取引数量が同じであれば、少ない証拠金で済むということです。レバレッジを上げて、少ない証拠金で取引数量を増やす行為が危険なのです。

考え方によっては高レバレッジは庶民の味方とも言えます。




おすすめキャンペーン

FX業者 ピックアップ