転職 ナース

転職ナース【有利なナースの転職オススメのサイトは】

看護師 求人は比較して

看護師の求人には、質の違いや公開求人、非公開求人があります。質の良い求人を得るには看護師求人サイトの利用がおすすめです。しかし、看護師 求人サイトは今では多くのサイトが存在しています。

 

選び方を間違えると、良い求人が得られない、担当者の対応が悪いなど。

 

良い転職するには、良い看護師求人サイトを利用することが大切になります。良いサイトを利用するなら比較して選びましょう。

 

おすすめ看護師求人サイトは

ナース人材バンク


 

 


ナース人材バンクは、看護師の利用者は業界トップクラスです。

その理由としては、全国に17ヶ所の拠点があり地域密着型の活動にあります。

 

求人数100,000件以上の保有があり、他社にはないその地域独特の良い非公開求人があります。質の良いその地域独特の求人を得られこともあり、満足の行く転職が可能となります。

 

 

ナース人材バンクは、全国に200名近いコンサルタントが独自のルートで、医療機関から求人情報を得ています。毎年10万人の利用者があり、他社にはなかなか載っていない詳細な求人情報を得ることができます。

 

 

全国に17ヶ所の拠点があり地域密着型の活動のため、非公開求人情報が豊富なのです。これは地域に根ざした活動から病院との関係や看護師が転職後に満足し、病院からも高い評価を得ているからできることです。

 

 

 

求人数 対応エリア 評価
約100,000件以上 全国 転職,ナース

 

 

看護のお仕事


 

 

 


看護のお仕事は、後発組ではあるものの求人数の抱負さに特徴があります。北海道から九州・沖縄まで、業界トップクラスの求人情報量で、ご希望に合ったお仕事先が見つかります。

 

本来なら「直接いかなければわからない」内部情報まで、手軽に知ることができます。サイトには掲載されていない非公開求人も多数保有しています。担当者の対応は、丁寧な対応ができ転職の相談をしいたい方にはおすすめしたいサイトの一つです。

 

 

看護のお仕事では、転職のためのカウンセリングを実施もしています。根本的な要望を知るためです。利用者がどうありたいかを引出したり、転職の悩みなどを問題を整理し解決できるようにフォローや、利用者の要望に適格な提案をしてくれます。

 

 

看護のお仕事を利用者からは、担当者の丁寧な対応が高く評価を得ています。担当の対応で選びたい人にはオススメです。

 

 

求人数 対応エリア 評価
約100,000件以上 全国 転職,ナース

 

 

ナースではたらこ


 

 

 


ナースではたらこの魅力は、求人情報の多さです。なんと求人数が全国90,000件以上(非公開求人を含め)で優良な求人も豊富にあります。

 

 

医療機関との良好な関係があり、そのためナースではたらこの担当のコンサルタントは、病院の状況を良く知っています。担当者へ希望や要望を伝えれば、担当者が希望条件に合いそうな求人情報を提案してくれます。

 

 

その他にも病院へ看護師を逆指名というサービスがあります。

 

 

 

これは病院への交渉力がある証拠です。また、ナースではたらこの担当コンサルタントは、履歴書の書き方から面接の仕方まで転職のアドバイスもおこなってくれます。

 

 

 

 

求人数 対応エリア 評価
約90,000件以上 全国 転職,ナース

 

登録後に


担当者より連絡があります。メールや電話になりますが、電話多いようです。

 

これは転職相談のためのアポイントの連絡です。担当者はあなたの希望を
お聞きしてから希望に沿う非公開求人などの提案をしてくれます。

 

 

最初の担当者へ希望を正確に伝えることが大切になります。

看護師の求人の違いって?

看護師が求人で知らで不利になること!

 

転職を考える看護師が一般的に求人を探す場合には、公開求人から探すこととなります。しかし、良い求人は病院側とすると公開したくありません。そのため非公開求人を利用することが多いのです。

 

 

 

なぜならば、良い条件を出してでも欲しい人材がある場合に、公開してしまうと他の病院や働いている看護師に目にと止まる困ります。そのため公開しないことが多いものです。

 

 

 

そのため公開している求人は、あたりさわりのない求人となるのです。さらに、公開求人は求人全体の約20%と言われています。ハローワークなどから求人を得てもなかなか良い求人が見つからないのです。

 

 

 

 

 

 

看護師が求人を見つける支援機関での違い

看護師が求人を見つける支援機関には、ハローワーク、求人情報サイト、アルバイト求人サイト、看護師協会、看護師求人サイト(人材紹介)などから情報を得ようとします。しかし、それぞれの求人の特徴と注意したい点があります。

 

 

 

 

看護師の求人情報には質の差がある

 

看護師が求人情報を得る支援機関によって差があります。インターネット検索から求人情報を得る場合に、どいう支援機関なのかを理解して求人情報を得ないとギャップを生むことになります。

 

 

 

ハローワーク、求人情報サイト、アルバイト求人サイト、派遣サイト

 

⇒ 公開求人がほとんどで、採用されやすい傾向にありますが、求人の質はやや劣ると考えてよいでしょう。

 

 

 

*ハローワーク以外は、求人の出向先に注意すべきです。直接病院への応募になるのか?そうでないのか?この違いを認識すべきです。例えば、求人情報サイトの求人には、ハローワークの求人の掲載があったり、看護師求人サイト(人材紹介)の求人があったりします。

 

 

 

 

その他にもアルバイト、派遣の求人情報にも求人情報サイトに掲載があったりします。こいうことを知らないと登録をしないと応募できませんので、登録をします。するとメールで求人情報が届くようになります。

 

 

 

 

それが希望するようなものがなかったり、反対に求人情報が得られず応募した求人は不採用。など。あの求人はサクラ?と思われるようなこともあったりします。そのため求人を見つけて応募をしても登録ばかりすることになる方もおります。

 

 

 

 

 

質の良い求人は非公開求人にある

看護師の求人で質の良い求人は、非公開求人にあります。非公開求人は、看護師求人サイト(人材紹介)、看護師協会で得ることができます。

 

 

 

⇒ 非公開求人は質は高い特徴がありますが、採用の敷居はやや高い求人となります。

 

 

 

看護師求人サイトは、登録後担当者から電話連絡が入り希望や要望をお聞きし、その後に担当者から非公開求人などの希望に沿うような求人の提案をしてくれます。それに対して看護師協会は、平日の昼間に訪問しなければなりません。

 

 

 

 

 

こいうことを考えると、看護師求人サイトは電話連絡で済ませることができる看護師求人サイトの利用のほうが良さそうに思えます。ただ看護師求人サイトは多く存在し、運営会社によっては、無理強いするサイトがあったり、保有求人数が少なく求人の提案が少なすぎるというサイトもあります。

 

 

つまり、選び方を間違えると、またどこかから求人を見つけることになります。

 

 

 

 

看護師が有利に転職活動をすすめるには?

看護師が有利にな転職活動にするには、非公開求人を得る必要があります。非公開求人は条件交渉などもできる場合もあります。ただ、看護師求人サイトを利用しないと得ることはできません。看護師求人サイトは無料で利用できます。

 

 

 

 

直接交渉しないこと!

 

看護師求人サイトの担当者を上手に利用すべきです。条件交渉は、担当者がしてくれます。直接交渉はできないのですが、もし直接交渉をすると、入職後に嫌な感情を病院側に与えてしまうことになる可能性があります。

 

 

 

 

場合によっては、担当者が求人がない病院へも交渉することもあります。看護師求人サイトの担当者を上手に利用したほうが有利になりますね。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ