骨盤の役割とは

骨盤の役割とは

 

骨盤とは、寛骨、仙骨、尾骨という左右一対の骨でできています。骨盤はいくつかの役割があります。その中で大きな役割に上半身と下半身の中心に位置し、骨と筋肉を繋ぎ体の支えとなる役割を果たしています。

 

 

もともと成人の男性は女性に比べ縦長なのですが、女性は子供の通り道となっていますので横に広く丸い形をしています。

 

 

そのため横に広がりやすく下半身に脂肪がついて太る原因になります。

 

 

さらに、子宮、膀胱、直腸といった内臓も骨盤に包み込まれるようにできていますので、骨盤がゆがんでいると、内臓の位置も下がり、臓器の機能も低下してしまいます。

 

 

内臓機能が低下すると血液やリンパの流れも悪くなり代謝も落ちてしまうのです。

 

 

このように、ゆがみを正すことで、横に広がった筋肉を中央に寄せることがるのでスタイルアップつながり、内臓の機能が高まり、血行の流れや代謝がよくなり、痩せ体質と改善させることができれるのです。